【猫の喧嘩】喧嘩と遊びの見分け方・やめさせ方

悩んでいる人

猫同士が喧嘩して困っています。そもそも遊びと喧嘩ってどうやって見分けるの?止めた方がいいですか?

この記事ではこんなお悩みを解決します!

我が家では5年ほど前に2匹のノルウェージャンフォレストキャットを家族に迎えました。一人じゃ寂しそうだからともう一人迎えたのに初めは威嚇と喧嘩が絶えず苦労しました

 

現在ではそんな2匹もお互いにルールができたようで喧嘩が無くなることはありませんが、流血したり怪我をしたりなんてこともなくうまくやっているようですw

猫はプロレスごっこをする

猫の多頭飼い。
複数飼いだからこそ見られる2匹で一緒に遊ぶ姿や猫団子なんかも見れて最高にかわいいですよね。

でも、時々遊んでいるのか喧嘩しているのか区別がつかないことってありませんか?
例えばこの動画。

うちの2匹が何やらやっていますw

これは喧嘩?、 遊んでいる?

どうみたってこれは喧嘩でしょ!?と思いますよね。
しかし猫は決して喧嘩っ早い動物ではなく、
体格などで自分が優っていて明らかに勝てるような状況でも、
なるべく喧嘩は避けたいと考えているそうです。

一方で猫は仲良しの猫と遊びでする「喧嘩ごっこ」「プロレスごっこ」をよくするそうです。
子猫の時などはこうした遊びを通して狩りや交尾に必要な動きを習得するとか。

喧嘩ごっこを通して、どれくらい噛むと痛いのか、どこまで強い力で噛むと相手に怒られるのかなど遊びを通していろいろ学んでいるそうです。

幼い頃から1匹で育った猫に噛み癖がある子が多いのも、
こうした遊びを通して学ぶことができなかったことが一因になっています。

初めての多頭飼いで猫同士が喧嘩しているとびっくりしてしまいますし、
そんな姿を見たくはないので悲しい気持ちになってしまいますよね。
でもこれは猫の成長につながるんだと考えて優しい気持ちで見守ってあげてください。

猫の本気の喧嘩

力が拮抗していたり、にらみ合いでどちらも引かなければ本気の喧嘩に発展することがあります。
体をはった喧嘩でものすごい鳴き声を出しながら猫キック、猫パンチの応酬です。
もし、多頭飼いの猫たちがこんな様子になっていたときは、それはもう遊びではなく喧嘩ですから、人間が止めに入ってあげましょう。

猫の喧嘩と遊びの見分け方

鳴き声が違う

遊びなら鳴き声はほとんどなくたまに「うーうー、わーわー」言っている程度。
でも喧嘩になると「シャー!」と威嚇の鳴き声を出します。

こんな声を出していたら遊びじゃなくて喧嘩です。

喧嘩の時は一方的

遊びなら攻めと守りが交互に入れ替わることが多いですが、
喧嘩の場合はどちらか一方が一方的に追いかけたり攻め続けたりします。

どちらかが一方的に下になっていたり、壁際に追いやられていたりしたらそれは喧嘩の可能性が高いので止めに入ってあげてください。

遊びならその後は2匹一緒にいることが多い

喧嘩するような場合は2匹の相性がそもそもよくない場合が多いので、
一緒に過ごしたり毛づくろいをすることはほとんどありません。

遊びの場合は仲が良い、相性がいい相手同士なので、
それが終われば2匹一緒にいることが多いです。

こんな記事も書いています

窓につけられるペット用ベットがオススメ! 猫のトイレのゴミ箱どうしてる?手軽で臭わないのはこれ! 猫ドア自作!意外と簡単! 【口コミ】カリカリマシーンって実際どう?2年使った感想 猫の顔合わせ その後の相性が決まるって本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です